【旅グッズ】長距離フライトのお供に…一台三役のスーツケース。

みじゅ
みじゅ

こんにちは!
今日は旅に便利なグッズの話♪

我が家は4年ほどドイツに駐在していた間、数えきれないほど旅行に行って、何度も何度も子どもと一緒に飛行機に乗っています。2〜3時間の短時間のフライトも多かったですが、日本へも何度か一時帰国しているので、子連れで12時間近いフライトも経験しています。

子どもが小さいと長距離フライトはつらいイメージですが、今思えば、子どもが小さければ小さいほど、赤ちゃんの頃は寝ているだけなので楽だったかも。航空会社によってサイズは変わりますが、大体体重が10〜11kgくらいまでは“バシネット”という赤ちゃん用のベッドを借りられるので、それで寝ていてくれる小さいときはそれほど大変じゃなかったなぁと、今では思います。

大変なのは、子どもが歩けるようになって、1人で座るようになる2歳くらいから。

イヤイヤ期に突入するような、言葉を理解して自分でも少しずつ喋れるれるようになり、意思表示が出来て、体も自分でコントロール出来るようになったころでしょうか。このくらいの子は普通に接するのも難しいくらいのお年頃ではありますが…となると長い時間じっと座っててもらうのも大変だけど、そのあたりはまた飛行機攻略法を書くとして。

長距離フライトで1番頭を悩ませるのは、子どもの寝方なんです。

飛行機って新幹線や高速バスなんかと同じで、倒せる角度には限界があるし、そもそもが後ろに人がいるからほとんど倒さないのが基本。じゃあ、後ろに人がいない1番後ろの席にしよう!と選んだこともありますが、最後部の座席って倒れないんですよね。機体によるのかもしれないけど、後ろに壁があって隙間がほとんどないので、全然倒れなくて、えーーーーー!ってなった覚えがあります。でも、子どもって抱っこされて後ろの席の人ににっこりしたり構ってほしいオーラ出しちゃうので、その点は後ろに人がいないには楽ですよ。

さて、じゃあ飛行機の中でどうやって寝かせよう?と思い、横にして寝かせて自分の膝に頭を乗せてみたり、後ろの人に断って少し倒させてもらったりしたけど、横にすると肘置きがどうしても邪魔で、座席を倒すと体が小さいが故に滑り落ちてしまって逆に寝にくくなってしまったり。

現地で暮らしていた駐在員のお友達も同じようなことでみんな悩んでいましたが、そんなときに教えてもらったのが、今回紹介したい便利グッズなのです。これ、国際結婚をしていて長距離フライトに乗る機会の多いママ友が大絶賛してして知ったのですが…ちょうど本帰国を控えていた頃で。もうちょっと駐在する期間が長くて飛行機に乗る機会がたくさんあったら欲しかったな、と。だからこそ、これから飛行機に長く乗る機会がある方には是非オススメしたい!

これです。

jetkids by stokke

ストッケというベビーグッズを扱うブランドのスーツケースです。ストッケといえば、一番有名なのは食事用のベビーチェアで、使っている方も多いかもしれないですね。


こうやってみると、一見普通のスーツケースですが、とっても有能なこの子。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストッケ正規販売店 ジェットキッズ jetkids bedbox 正規品 2年保...
価格:23100円(税込、送料無料) (2022/10/30時点)


小ぶりなスーツケースのサイズでとっても可愛らしいのですが、本来の使い方のため、中に入れられる荷物の量は少なめ。お気に入りのおもちゃを入れたり、着替えを多少入れるのにちょうど良いサイズ。

蓋をパカっと開けて、どうやって使うかと言うと…

こうです!なんと、座席とつなげて横になって寝られるベッドに大変身!!

席に座って上手に寝られないくらいの小さい子どもは、大体この長さがあれば横になって寝れちゃいます。足を伸ばせるほどの長さはないので、ちょっと足を縮めて丸くなって寝る感じですが、それでも寝方が難しい長距離フライトではこんなにありがたいものはありません。本体部分にはすぐ使えるようにおもちゃを入れておいたり、おむつをセットしておいたり、ミルクやおやつを入れておいたり…使い方がたくさんあって想像が膨らみますね。

基本的には、離陸後シートベルトサインが消えてから、着陸の態勢に入るまでは使えるようですが、航空会社によって細かい規定が異なるので、フライト前に使えるかどうかご確認くださいね。

そして、空港内を移動するときには、子どもを上に座らせた状態で紐を引いて歩くことが出来ます。

空港って広いところが多いから、子どもたちは歩いて移動するのも疲れちゃったりしますよね。そんなときにもこれに乗せてしまえば子どもは楽ちんだし、何よりこういうのってものすごい喜ぶ。ちびっ子って乗り物好きですよね。遊び心も忘れない、子どもの気持ちも汲んでくれてるありがたいこの子。

付属のステッカーで自分だけのカスタマイズも出来ちゃいます。ステッカーを貼ると一気に雰囲気が変わってぐんと可愛らしく、オリジナリティが出て良いですね。

実際にお友達が何人も使っていましたが、ベッドになるというのが本当に便利だそうです。一回の長距離フライトのために買う人もいるほどでしたよ。我が家は本帰国のフライトを控えるのみだったので購入は見送りましたが、使ってみたかったなぁ…!

これから飛行機で長旅を控えている方、ぜひ検討してみてくださいね♪

⭐︎ーーーーーーーーーーーーーーーー⭐︎

このブログでは ヨーロッパ駐在当時 子連れで25ヶ国以上を旅した記録を 思い出の写真と共に紹介しています✧

なかなか海外旅行には行けないけれど いつか行くときの参考に 海外駐在員の方の旅の参考になればと思い たくさんの子連れ旅情報を発信しています☺︎

いいね、フォロー、コメント大歓迎です!

仲良くしてください✿

⭐︎ーーーーーーーーーーーーーーーー⭐︎⁡ ⁡

Follow me!

コメントを残す