産後入院中持っていって良かったもの

みじゅ
みじゅ

こんにちは!
今日は産後のお話

あっという間に新生児を卒業して、生まれた直後は水分でむくむくだったお顔もだいぶしっかりして、赤ちゃんらしくなってきました。まだまだ寝てばかりいますが、オムツが濡れて気持ち悪くて怒って泣いたり、抱っこして欲しくて怒って泣いたり、ちゃんと意思表示をしてくれるようになって、たまらなく愛おしいです。目をぱっちり開けてゆったりと周りを見回したり、眉間にシワを寄せておちょぼ口をしたり、手をパタパタとさせたり…今の時期にしか見られない赤ちゃんらしい仕草を見逃さないように堪能しています!

さて、産後の入院中に必要なものは病院側からあらかじめ提示されることが多いですが、それ以外で自分が必要かなと思って持っていって良かったなと思ったものがいくつかあったのでご紹介。

コロナ禍だから…という点も多くあると思います。通常時だったらそんなことはなかったかなと思うけど、これから出産される方のためにご参考までに。特に面会が制限されているところで出産される方はあとから持ってきてもらうということが出来ないので、多少荷物が増えても色々持って行くと良いと思います!一度部屋に入ってしまえば荷物を動かすこともないし、私はかなりの大荷物で出産に臨みました!

日本での出産レポ-初めてだらけの三人目編-

  無事に3号が地球人の仲間入りをしました! わーーーーー!!!パチパチパチパチ 不思議なくらい3人目は妊婦の実感もなく、子どもがもう一人増えることに全く現実…

持っていって良かったもの

コードの長い充電器か延長コード

このスマホ社会で充電器を持っていかないなんてことはないと思うのですが、"コードの長い"というところがポイントです。私は超短い充電器を持っていってしまったため、充電しながらスマホをいじることが出来なくて困りました。スマホのバッテリーを交換してから多少電池の持ちは良くなったものの、やはり新品に比べると減りが早かったため、リモート立ち会いか生まれた直後にテレビ電話する予定だったので陣痛中に充電をしておかなければならず…充電コードが短すぎてベッドに座りながらかびごんと連絡を取りたくてもいじれなかったのですっごく不便でした。大体、病院ならベッド周りにコンセントがあるかと思うのですが、枕元だったりベッド下だったりちょっと離れている可能性が高いので、充電器のコードは長めをおすすめします!短いコードしかない場合は、100均などで売っている延長コードを持って行くと良いかもと思います。我が家には短いのしかないので延長コード買って行くべきだった…100円だし、家でも使えるので買っておいても良いですよね。

漫画などの本

持っていって本当に良かったのは圧倒的にこれ。漫画大好きな私は、入院のためにずっと読みたかった漫画をフリマアプリで購入して入院グッズのカバンに忍ばせておきました。1号のときも持っていったんですが、あのときは面会もあったし昼間はかびごんが来てくれて夕飯一緒に食べたり、夜中はなかなか寝ない赤ちゃんと一緒で2〜3冊の漫画すら読む心の余裕がなくて全く読めずただの荷物となってしまったので、2号のときは持っていきませんでした。

でも今回は面会もなしで時間はたっぷりあるし、大部屋だとしてもカーテンがあるから落ち着かないってことはないだろうし(ドイツは大部屋にも仕切りがないので隣の人から丸見えでめちゃくちゃ話しかけられて落ち着かないので)、スマホをずっと見ているわけにもいかないしで持っていくことにしました。産後ってなんだか目がパサパサして痛いしスマホ見過ぎもしんどいので。

全部で8巻持っていきましたが、3日目あたりには読み切ってしまってもっと持って行っても良かったなというくらい。幸い大病院ではなくクリニックなのでテレビがカード式ではなく見放題でずっと見ていられたし、スマホもあるので暇を持て余すことはなかったですが…何かしら漫画、雑誌、小説など何か読み物を持って行くとゆっくり読めて良いと思います。

乳頭保護クリーム

ミルクではなく母乳で育てたいと思う方にはこれも必須かなと。最初はどうしても、赤ちゃんも吸い付きが上手くないし、こちらも咥えさせるのが上手じゃないのでトラブルが起こりやすいです。私は3人目にも関わらず毎度咥えさせるのが下手なので乳頭が傷ついてしまい、しばらくは毎回痛くて半泣きの状態で授乳させているほどで…皮が捲れてしまって血が滲んでいるような擦り傷のようなものが出来てしまうので、そんなときにこの乳頭保護クリームを塗っておくとかなり痛みがマシになります。私が使っているのはランシノーのラノリン。ドイツにいたときから助産師さんに勧められて使っています。赤ちゃんの口に入っても大丈夫なので、塗ったまま拭き取らずに授乳が出来てとても便利。授乳後にしっかり馴染ませておくと次の授乳のときは少し痛みが和らぐので、生まれてからしばらくはこれなしでは授乳出来ないほどで、今回は入院中から使えるように持っていきました。

が、これが大正解!本当に持って行って良かった。やっぱり最初は咥え方が浅くて傷になってしまったので、痛くて痛くて入院中もかなり使いました。赤ちゃんに吸ってもらわないことには母乳が出るようにならないので、痛くてもあげるしかないからこれは本当に必需品。

飲み物、おやつ

私が生んだ産院は自販機のみの売店がないところだったので、毎回自販機で買うわけにもいかないために持っていきました。1.5リットルの大きいペットボトルを数本と小腹が空いたとき用の小分けのお菓子をいくつか。それだけでかなり荷物が増えて重くなってしまったので、部屋まで荷物を運んでくれた助産師さんが他のスタッフさんに「見て〜!これすっごい重いの〜!」と言って、「ちょっと患者さんの荷物なんだから!」となだめられていて…私もそのやりとりを目の前で見ていたので、「面会がないからたくさん持ってきちゃいました!ごめんなさい〜」という感じになるほどの量でした。(入れてった袋が破けそうだった)

でも飲んだり食べたりで帰りにはなくなるものなので、入院時には大荷物になりますが、持って行って良かったと思います。産後だしこんなご時世だし部屋からあんまり出たくないから、赤ちゃんのベッド押しながらこまめに自販機まで買いに行くのも嫌だったので。

でも部屋にミルク用のポットとお茶セットが用意されていて、ティーパックは好きなだけもらえたので、ペットボトルの飲み物はなしでお湯を注ぐだけで飲めるコーヒーなどを持っていくのでも良かったかなと思います。とはいえ、産後は授乳もあるし水分をたくさん摂るからお茶だけでは間に合わなかったと思うので、大きいペットボトルの飲み物はとても助かりました。今回3人目ということとコロナで子どもを連れて両親教室に参加するのは躊躇われて、院内の見学などはDVDで済ませていて事前に部屋を見たりしていなかったので、ポットや自由に飲めるお茶の用意は部屋にあるのか事前に確認しておくと良いですね。

蒸気でホットアイマスク

これは数ヶ月前に出産した友達におすすめされたものです。今年は周りが出産ラッシュで、とても仲の良い友人が3人ほど出産したのですが、3人とも持っていくべき!と言って教えてくれました。産後はアドレナリン出まくりでなかなか寝られないから、ホットアイマスクを持っていくと落ち着いて寝やすくなるよ〜と。確かに、昔よく使っていてこれをしているとスッと眠れたので、なるほど!と思い入院日数分持っていって毎日使いました。

産後は2日ほど目がバッキバキに冴えてしまって全然寝付けなくて、せっかくホットアイマスクを開けたところで赤ちゃんが泣き出して寝られない…なんてことにもなりましたが、目元を温めると眼圧が下がって副交感神経が優位になる=リラックスモードに入る(とセラピスト時代に学んだ)ので、産後のアドレナリン放出中の興奮状態でもリラックスするためにとても良いと思います。今は色々な香りのものもあるし、可愛い柄のものもあるし(私はぐでたま柄)、お気に入りを見つけて持っていくときっと役立つと思います!

マジックペン

私が出産した産院はランドリーサービスがあり、毎日無料で洗濯をしてもらえたのですが、服や下着に直に記名するのが嫌だったので、あらかじめ洗ってもらいたいものにはネームタグに名前シールを貼っておきました。念のため、急遽洗ってもらうことになっても困らないようにマジックペンを持っていっていたのですがこれが正解!名前を書いていなかったタオルなどが結局足りなそうで毎日洗ってもらったので、マジックペンがあって良かったと思いました。面会制限中のため洗って持ってきてもらうことが出来ないので、足りなければ洗ってもらうしかなかったので。看護師さんたちに言えば借りられたとは思いますが、出産時に着ていた未記名の下着を、助産師さんが名前を書いて洗濯に出しておくねと持っていってくれたものの…名字しか書いておらず、同じ名字の方がいて2日ほど行方不明になっていたので、やはり自分で書いてランドリーサービスの方に渡すのが良いかな?と思います。

さて、持っていって良かったものはこれくらいですが、逆にこれ欲しかった〜!と持っていかなくて困ったっていうものも。

持っていけば良かったもの

目薬

よくわからないけど、産後はなんだか目がシパシパしてすごく痛かったので、目薬が欲しかったなと思いました。日中はシャワーに入ったりお世話するのにメガネが邪魔でコンタクトだったのもあって、外した後は余計ショボショボするというか痛かったので、2〜3日はつらかったです。裸眼で使える栄養たっぷり入ってそうな目薬持っていけば良かった。

爪切り

妊娠中、陣痛が来たら爪を切ってから行こう!と思っていたのですが、まぁそう上手くはいきませんでした。今回はじわじわ陣痛が始まるパターンではなかったし、破水してしまって、しかも朝の時間帯でちびの幼稚園準備もありそれどころではなかったのですっかり忘れてしまっていました。こまめに切っていたからそんなに伸びていたわけではないけど、生まれたての赤ちゃんのお世話をするのにちょっとでも白い部分が伸びていると、オムツを替えたりするときに少しでも当たってしまうのが気になって。

おそらく「陣痛がきたら爪を切る!」って目につくところに書いておいたら忘れなかったのかなと思うけど、そんな余裕がないことも多いので、小さくて嵩張らないものだし化粧ポーチに入れておけば良かったなと思いました。

持っていって良かったもの、持っていけば良かったものは以上です!どなかの参考になりますように。またこんなのもあった!と思い出し次第追加していこう。

こんなご時世で、コロナ禍での出産を控えている妊婦さんはとても不安な方がほとんどだと思います。私も出産するまではずっと不安でしたが、こんなご時世だからこそ、病院の方々はいかに妊婦さんが不安なく安心して出産することが出来るかを考えてくれています。面会や立ち会いも制限されてしまい孤独を感じることもありましたが、助産師さんも看護師さんもみんなその気持ちに寄り添って支えてくれたので、出産時も入院中も穏やかに過ごせたように思います。プロはすごい。

不安な気持ちはたくさんあると思いますが、どうか皆さまも無事に出産されますように…⭐︎

Follow me!

コメントを残す