大聖堂とチョコレート工場へ!-ドイツ・ケルン-

ヨーロッパ

まめ
まめ
こんばんは!まめです
毎晩寝落ちする日々…

なんでしょうこの眠気は。

もう毎日とにかく眠いです。1号が去年幼稚園に行き始めてから、ちょうど妊娠期間に入ったのでコロナ禍もありあまり外に出ていなかったのですが、無事に出産を終えて体調も万全となり、気候の良い季節になったのでこれまでのルーティンに3号のお世話とお散歩が追加されました。

朝起きて朝ごはんの準備して、子どもたちの着替えや支度をして、自分の支度して後片付けして、洗濯して干して、幼稚園に送りに行って、夜ご飯の仕込みを始めて…ここまでが通常の流れでしたが、この合間に3号のお世話して、2号と3号とのお散歩が加わったことで、まぁ見事に体力を使い果たすようになってしまい。ちびたちの寝かしつけのときに寝たふりをして目を瞑ろうもんなら一瞬で寝落ちしてしまいます。困った。

そんな今日は久しぶりに寝落ちしないで起きていられたのでブログタイム。

 

3号が生まれて早2ヶ月。ドイツで生まれた上2人のときは、生後2週間くらいから外に散歩に連れて行くように言われたのもあって、新生児を連れ出すことに全く抵抗がなく、生後3週間くらいで近場に旅行に行っていたのですが、今ちっちゃな3号を見ているとよくこんなちっこいの連れて旅行してたな!と驚いてしまいます。コロナ禍というのもあるけど、とてもこんなちっちゃい赤ちゃんと旅行に行こうとは思えないので、あの頃のメンタルにびっくり。

1号が新生児期の旅行話はまた今度にするとして…

2号が生まれたときは日本から両親が2週間ほどヘルプに来てくれていたので、産後のためとはいえその間に少しでもドイツを楽しんでもらいたくて、異国の地で両親2人だけで観光に行くのは少し無理があったため、そう遠くないところにプチ旅行に行きました。ちなみになぜ母だけではなく2人揃ってきたかと言うと、母は乗り物全般がとにかくダメで1人では乗れないからなのです。私は船がちょっと苦手ですが乗り物は基本好きだし飛行機が大好きなので、親子でもこんなに違うんだな。

さて、プチ旅行の行き先はケルン!

ミュンヘンとかベルリンとか有名どころは色々考えましたが、かびごんがお休みの土日に一泊二日で行けるところじゃないとダメで、私たちの居住地からはどこも多少距離があり、遠い上に新生児を連れては行けなかったので、大聖堂で有名なケルンへ行くことに。 

大きすぎて全然写真に映らないのですが、ケルンの大聖堂はかなり有名なのでご存知の方も多いはず。世界最大のゴシック建築と言われるものすごく大きな大聖堂です。目の前で見ると圧巻。荘厳という響きが良く似合う立派な大聖堂

こんな立派な聖堂のあるケルンですが、私たちが住んでいた街からは車でも行ける距離にあったものの、両親はこちらで運転が出来ないし、みんなが乗れる大型の車をレンタルして行くことも考えましたが結局列車で向かうことに決め、高速鉄道で行くことになりました。

ドイツの高速鉄道ICE事前にチケットをネットから予約して乗車。私たちが乗ったときは購入したチケットはプリントアウトして持っていき、車内検札で車掌さんに提示すればOKでした。

基本電車は高速とはいえ時間がかかって子連れにはしんどいため、車か飛行機での旅行ばかりだったので初めての長距離電車!

ヨーロッパ では基本大きなA型ベビーカーも畳まずに乗車出来るので本当にありがたい。走行中は抱っこしていましたが、発車前は気持ちよく寝てるのでここで寝かせておきました。すやすや。これは座っている席の近くの人のあまり通らない場所に置かせてもらいましたが、こんなデカイ幅をとるものを乗せてもみんな快く迎えてくれます。全く畳むことを前提にしていない我が家のベビーカーですが、そのおかげでガタガタ道ばかりのヨーロッパの、どんな石畳も安定して押すことが出来る大事な相棒でした。1号のときに中古で譲ってもらったこの相棒、このあとすぐどーーーーーーしても欲しかった違うベビーカーに買い替えたのですが、ベビーカー大好きな私の、わざわざ買い替えまでした愛用中のベビーカーへの熱い思いはまた今度。

Hallo,Köln!

ケルン中央駅を降りると、大聖堂はすぐそばにあります。が、大荷物なのでまずはホテルから。早い時間なのでチェックインは後でするとして荷物を預けていざ出発!

仮面をつけてダンスの練習をしている方々。こんにちは。なんか不思議なダンスだった。

コンテンポラリー?雲行きが怪しい。

さてさて、最初はお昼を食べに行ったのですが、ここは写真に撮っていなかったので敢えての省略。パスタを食べました。(写真撮れよ)

気を取り直して街中を流れるライン川のクルージングからスタート。船から優雅に街並みを眺めます。

ちょっとやめてそんなところ乗らないで。

全く人の言うことを聞かない1号さん。興味を持ったものには何でも突撃していきます。座り心地はどうですか

ヒヤヒヤハラハラしながら止まらない1号を追いかけ回す…全然優雅じゃないやないか。

船内で孫を愛でるパパン。

全く落ち着かなかったクルージングも終わり、下船してようやく大聖堂へと向かいます。たまたまW杯だったかサッカーの試合をやっている時で、サッカー大国ドイツは大盛り上がりでした。

至るところに国旗とサッカーをする人たち、テレビで試合を見ながら食事をする人たちで街は溢れかえっていました。変な時に来ちゃったな。

そしてついに大聖堂とご対面!

でーん。ゴシック。

私とかびごんは初めてではありませんが、何度来ても圧倒されてしまうこのケルンの大聖堂。ものすごく手の込んだ繊細な作りで、完成まで600年かかったというのも頷けます。長っ。

このちょっと黒っぽいところが荘厳さを醸し出しているというか、歴史を感じますね。大聖堂は中に入ったり、確か上にも登れたと思うのですが、赤ちゃん連れなので外から眺めるだけで。

ちなみに!こういう観光客が集まる場所のこんな広場にはスリと押し売りが多発するので要注意です。日本人は人がよくて裕福だと思われているのでめっちゃ狙われるので気を付けて〜!!!ここでは、ミサンガを勝手に腕に巻きつけてきて、巻きつけたもんはそっちのもんだ!っていういちゃもんつけてきて高額で押し売りしてくる輩が出没するらしいので、あまり手をプラプラさせながら歩かない方が良いですよ。(しないわ)

壮大に聳え立つ大聖堂に別れを告げて、夕食を食べに向かいます。我が家のかびごんさん、家族だけで出かけるときは基本行き当たりばったりなのですが、今回は私の両親が一緒なので一から十まで全部アテンドしてくれます。予約は確実に取りスケジュールを完璧に組むという徹底ぶり。

the 接待。

ごちそうさまでした。シュニッツェルを食べて、写真を撮ったはずなのになぜか見当たらない。私のシュニッツェルはいずこへ。店内はTVでサッカーを見ながらどんちゃん騒ぎをしている若者たちでいっぱいで早々に退散。ドイツ人のサッカー愛はハンパない。

のんびりお散歩しながらホテルに戻ります。

ここにも国旗。運動会レベルで並んでいます。

大聖堂発見。

ホテルは比較的駅の近くだったので、歩いていたら大聖堂の耳が見えていました。こういう耳の帽子、産婦人科で退院の時にもらったな。

夏の時期は日が長いこともありまだ明るいですが、たくさん歩いたし赤ちゃんもいるので1日目はここで無事に終了です。まだ産後3週間の私、骨盤歪みまくりで痛すぎて片足びっこひいて歩いてたので全然無事にじゃないけどね。母ちゃんは満身創痍だよ。

ホテルではしゃぐ1号。人のパーカーと靴で遊ぶな〜!と言いたいところだけどめちゃくちゃ可愛いから許す。

さぁゆっくり休んで明日に備えたまえ。

2日目に続くーTo be continued.

コメント

Recommended
タイトルとURLをコピーしました