桜とハリボーの街。-ドイツ・ボン-

ヨーロッパ

まめ
まめ
こんばんは!まめです。
桜の季節が終わってしまう…

我が家は家のすぐ近くに桜の名所100選に選ばれたところがあり、花見の季節をとても楽しみにしています。花見と言っても川沿いなので、こんなご時世じゃなくても散歩しながら眺めるだけなのですが、これがまぁ圧巻の景色!

今年はもう散ってしまい葉桜になっていますが、散った桜が川に流れ着いたところがまたキレイなんですよね。

今年の桜の季節は終わりか…と思っていたら、そういえばドイツにも桜が咲くところがあって見に行ったな〜!ということを思い出しました。今日はドイツの桜の話。

小さいからとにかくグミが好きなのですが、一番好きなのは昔からずっとハリボーという硬いグミでした。きっと多くの人がどこかで見たことがあるであろうあの、クマのやつ。ソニプラ(今はPLAZAに変わったのかな)とかで売ってたりしますが、しかし輸入物なので高い!グミは全般何でも好きなので、高いハリボーを買うことはあまりなかったのですが、だからこそドイツに赴任が決まったときは本当に嬉しかったです。

ハリボー食べ放題じゃん!って。

そうです、ハリボーはドイツのもの。大好きなグミをたくさん食べられる!と夢のようでした。

近所のスーパーにはずらりとハリボーコーナー。一袋1€しないくらいで買えて、安いときは69セントくらい。日本円で90円弱。安すぎる。

日本では見ないびっくりするくらいたくさんの種類があるハリボーに心踊りましたが、そんなハリボーが生まれた街にアウトレットがあることを知りました。

それこそがボンという街。

ベートーベンが生まれた街としても知られる西ドイツの街ですが、私の中ではボン=ハリボーの街です。ハリボー好きとしてはここに行かないわけにはいかない!と満を辞して行ってきました。

ハリボーのアウトレットストアはここ。

ちなみに街中にはアウトレットではなく普通のハリボーストアがあるらしい。こっちも行きたかった…!

アウトレットストアは街の中心地からは少し外れた住宅街のようなところにありました。え?本当にこんなとこにあんの?というような場所でしたが、ありました。

ありましたよ、ハリボーストア!

ハリボーといえばクマ型のグミが有名ですが、このクマちゃんがでーんと出迎えてくれます。

駐車場にはハリボーバス。

乗りたい。

広ーいお店の中には所狭しとハリボーが積み上げられています。

めちゃくちゃ広い倉庫のような店内。

いやいやハリボーってこんなに種類あったの…!?ってくらいあります。ハリボー好きにはたまらない夢のような空間です。右も左もどこを見てもハリボーだらけ。

1号は興味津々でそこら中駆け回っていたので必死に追いかけてはとっ捕まえる。店内で走るなちびまめよ。

ちびも大興奮の夢の国。

ゴールドベアのグミの一員になれた。ありがとうございます。

これこれ、このクマちゃんグミの赤が大好きなんです。

ちゃっかりクマちゃんグミの詰め合わせを抱える1号。一色だけの詰め合わせなんてハリボーファンにはたまらない…!大好きな赤と緑の詰め合わせをそれぞれゲット。

グミだけじゃなくてこんな傘だったりトランプなどのおもちゃなど色んなグッズが売っています。

これはハリボーケース。つい買ってしまいましたが全然必要なかった。とりあえず詰め替えるのめんどくさい。

というわけで、大量のグミを買って任務完了!

さて帰ろうか…というところで、そういえばボンには桜が咲くらしいということを思い出す。季節はちょうど見頃と言われる4月下旬あたり。その年の気候によって毎年多少の変動はありますが、もしや桜咲いてるかも?ということで行ってみることにしました。

場所はHeerstrasseというところらしい。

通常桜通り。ごく普通の住宅街の中にある普通の通りですが、そこだけズラッと桜が並んでいます。

ちょうど雨が降ったあとだったのでもうダメかもしれないと思いつつたどり着いた桜通り。

Cherry Blossomという旗があるのでここで間違いなさそう…ですが、残念感漂ってる。

散った桜が道路に溜まってる。もう散ってしまったあとで一足遅かったようです。

満開の時はこんなに華やかでキレイらしい!ちょっとピンクが濃いめの可愛い感じ。日本の桜は淡くて繊細な感じなのでやっぱりちょっと違いますね。見たかったな。

桜は咲いてなかったけど、通りにあってオープンしていたカフェでトイレ休憩。

ハリボーに桜に、ボンを大満喫して帰宅。

…有名なベートーベンハウスに行くのは忘れました。

コメント

Recommended
こんばんは!まめです…
タイトルとURLをコピーしました