【ドイツ-リューデスハイム】圧巻のぶどう畑!

みじゅ
みじゅ
こんばんは!
前回に続き
リューデスハイムのお話☺︎

前回の記事でご紹介したリューデスハイム。

毎年9月になると、あぁ今年もこの時期が来たか…と思い出すのです。

日本に帰ってきた今となっては残念ながらもう出会うことはありませんが、大好きだったFederweißerの季節です。

まだ生まれたばかりだった小さな1号を連れてリューデスハイムに行った日のことをつい最近のことのように思い出します。

おさらいですが、リューデスハイム。フランクフルトやマインツからも程近いこの小さな街は、あたり一面に見渡す限りの葡萄畑が広がっている川沿いのとてものどかな街です。

葡萄畑。

ご名答!ワインの生産地です。

ところがここが有名なのは、ワインはもちろんですがそのワインになる過程で発酵しているほんの一定の期間だけ味わうことが出来るぶどうジュースのような超甘口のワインのようなFederweißerというドリンクが楽しめるからなのです。

これがもう絶品。私にとってはこの世で一番好きな飲み物と言っても過言ではありません。

正直なところ、私はアルコールに弱くあまり得意ではないので、ワインは飲めないし、乾杯のシャンパンなら飲めるかな…くらい。ですが、ワインの一歩手前のこのFederweißerはいくらでも飲めます。大好き。

駐在1年目は、これを知ったのがフェダーヴァイサーの季節が過ぎる頃で遅かったので、間に合わず飲めなかったのですが、2年目からはREWE(スーパー)で毎週のように買って飲んだり、リューデスハイムまで飲みに行ったりしていました。

この時期の楽しみといえばこれ。とはいえ、ちびたちの授乳期間とかぶっていることが多かったので、思うようには飲めなかったですけどね。

さてさて、リューデスハイムは8〜9月頃しか飲めない奇跡のドリンク、"フェダーヴァイサー"が作られているドイツの小さな田舎町ですが、街の半分以上がぶどう畑なんじゃ!?ってくらいの広大さでそれがもう圧巻の風景で。

今となっては怖くなってしまいましたが、その当時ロープウェイ大好き人間だった私は、街の中心地からぶどう畑のてっぺんまで登れる可愛いロープウェイからぶどう畑を眺めたのが、とっても至福の時間だったのですが…

それがどれだけの景色だったのかぜひご紹介したいと思います! 

すごいでしょう。

圧巻の一言。

もしこの時期にドイツに行く予定のある方、ヨーロッパに駐在中の方はぜひ行ってみてくださいね。

⭐︎ーーーーーーーーーーーーーーーー⭐︎

このブログでは
ヨーロッパ駐在当時
子連れで25ヶ国以上を旅した記録を
思い出の写真と共に紹介しています✧ ⋆

なかなか海外旅行には行けないけれど
いつか行くときの参考に
海外駐在員の方の旅の参考になればと思い
たくさんの子連れ旅情報を発信しています☺︎

いいね、フォロー コメント大歓迎です!

仲良くしてください✿

⭐︎ーーーーーーーーーーーーーーーー⭐︎ ⁡ ⁡

Follow me!

コメントを残す