妊娠線を作りたくない!

ちびまめの話

妊娠中、お腹小さいね〜という言葉に何度傷ついたかわからない比較的お腹が目立たないタイプの私ですが、それでもやっぱりぐんっ!と大きくなるこの時期は毎回毎回痒みとの戦いです。

ちなみに、お腹小さいねという言葉は言っている方には全く悪気はなく、むしろニュアンスとしてはあまり体型が変わらないのね!という褒めてくれている感じではあるのですが、妊娠中のナイーブな時期は結構ずしんときます。いつもお腹が目立たないようにゆるっとふわっとしたワンピースやらニット系のものを着ているからそのせいなのですが、赤ちゃん小さいのかな…という不安を煽られて結構落ち込みました。

実際生まれてきたちびたちは2人とも3500超のビッグベビーで、全く小さくなかったけど。笑

話はそれましたが、もう急激に大きくなってきてとにかくお腹がパツーン!として、自分の感覚では破裂寸前の風船みたいなのです。ぎゅんぎゅんに皮膚伸ばされてそりゃ痒いよなって感じ。でも少しでも掻くと瞬時に赤くなってしまって、妊娠線の出来始めみたいな線がうっすら浮かぶようになってしまって。上2人のときは何とか出来ずに乗り越えたので、今回出来るのだけは避けたい…!毎度毎度掻くとかびごんに怒られるので(この痒みを一生味わうことはないだろうが…!)、どうしようもないときにこっそり掻くのだけど、どうしても寝てる時に無意識で掻いちゃうんですよね。いつも朝起きるとお腹出てる。

ダメなのに〜寝てる時は自分でもどうしようもない。寝る前にもたっぷり保湿してるのにな。

これまであまりクリーム自体にこだわったことはなくて、とにかく保湿してお肌が伸びやすく柔らかくなるように…と思って気づいた時にこまめに塗るようにしていました。ニベアの缶とか、普通のボディクリームとか。マタニティ用の専用クリームって結構高いんですよね。あれ何でだろう?成分かな?

そんなテキトーケアなんですが、この間洗面所を片付けていたら、使い道がなくて困っていたアルガンオイルを発見。

これ、モロッコのマラケシュのスーク内で、ガイドブックなんかにも載っている日本人にすごく人気の薬剤師さんのいるお店で買ったのですが、買い過ぎてしまって使いきれなくて困っていて。むしろあんまり顔にオイル使わないタイプなので何でこんなに買ってしまったんだろうってレベル。お店が全然見つからなくて、迷路のようなスークをぐるぐるぐるぐるしてようやく見つけて嬉しさのあまり買い過ぎた。旅行マジック。楽し過ぎたモロッコ旅行記はまた後日。

でもこれお腹に塗るのってどうなのかなと思って調べてみたのですが、特に問題なさそう。モロッコの妊婦さんは妊娠線予防のためにたーっぷりアルガンオイルを塗っているらしい。本当かどうかはわからないけど、きっと悪いものではないだろうということで(自己判断ですが)、今は惜しみなくアルガンオイルを塗りたくっています。しかしものすごい浸透するので、すぐにサラッとなってしまって効果が出ているのかはよくわかりません。(キリッ)

でも本当にお腹に塗って使い切ろうと思っているので惜しみなく塗りまくっているので、きっとお肌やわやわになってるはず。もう少しくらいパツーンと伸びても大丈夫だって信じてる。

臨月まであと少し。「臨月は息してても太るよ〜」とかつて知人が言っていましたが、その通りこのラストスパートでえげつないくらい大きくなるので、なんとか妊娠線が出来ずに無事に出産出来ますように…

頑張れ私のお腹!

コメント

Recommended
さてさてあっという間…
タイトルとURLをコピーしました